オクターブアップ!

「シュンスケニウムの原子量」の大統一バージョン
キャンプ・ライフ。

5月のデイキャンプでテントの設営やらバーベキューなどキャンプの練習をしたぼくとさきこは、先週末に本番ともいえる泊りがけのキャンプに行ってきた。いや、いろいろ勉強になりつつも、とても楽しいキャンプだった。

 

キャンプ場には早めに到着したので、時間的にも余裕があり、テントやタープを設営したり、川のせせらぎを見ながらコーヒーを飲んだり、明るい内から焚火を始めて、燃え盛る炎を見て和んだりした。
夕食は焚火にさらに薪を投入して、1枚ものの厚切りステーキ肉なんかを食べ、美味しいビールを飲んで大満足だった。焼いたシイタケも美味かったなー。
夜は早々に寝てしまったのだけど、ちょっと蒸すのを除けば快適なテントでの睡眠だった。
ちなみに、ぼくたちが予約したキャンプサイトの隣は、子供が水遊びするには最適な小川が流れていて、デイキャンプでやってきたどこかのスポーツクラブの子供たちがキャイキャイ騒がしかったり、縦横無尽に駆け回って、ぼくたちのテントやクルマを駆け抜けて行ったりと、いろいろウザかったのだけど、陽が傾き、ヒグラシが鳴く頃には彼らも帰途に就き、夏のキャンプ場らしい静寂を得ることができた。食事はそんな中でゆっくり楽しむことができた。
2回目のキャンプ体験にしては、非常に満足だった。グッズもそれなりに買い揃えられたので、効率性も快適性も高まった。ちなみに、多くの荷物を一度に運搬できるキャリアは、さきこがずっとその必要性を訴えていて、でも結構値が張るものだからぼくがずっと買うのを躊躇していたのだけど、前日になって持っていくものを準備し始めたら、これはやっぱり必要だわってことになって、夜9時過ぎに慌ててドン・〇ホーテに行って買ってしまった。キャリア自体も意外にコンパクトにまとまって収納場所を取らなかったので、やっぱり買って良かったわ。

 

そんなわけで、昼も夜も、食事も酒も、焚火もコーヒーも、とにかくいろいろ非常に楽しんだキャンプなのだけど、ここまで書いて、実は天気が最悪だったなんて、読んでる人はかなり意外に思うだろう。
実はこの日は夕方までずっと曇天で、気温も非常に高く、さらに夕方から嫌に涼し気な風が吹くなーと思ったら、ぽつぽつと雨滴を受け、横浜の自宅でネコに夕食をあげてくれていたお袋さんから「横浜はスゴい夕立だけど、大丈夫?」なんてメッセージが届く頃には、キャンプ場も大粒の雨が降り始め、幸い豪雨にはならなかったものの、夜半には傘を差さなければずぶ濡れになるほどの雨に見舞われた。この頃までには既に食事を終えていて、この日2杯目のコーヒーを飲んでいる頃だったけど、それでも雨に見舞われるというのは気持ちが萎えるものである。
雨が降らなければ、ぼくは焚火台でミニチュアのキャンプファイアを楽しんでいただろうし、もしかしたら頭上には満天の星空が見えていたかもしれない。しかし、強い雨に晒されたキャンプサイトで、ぼくたちはコーヒーを飲んだ後は早々にテントに潜り込み、寝てしまうしかなかったのである。
楽しみにしているイベントの日には、コトゴトク雨が降るという悪魔のジンクスを持つぼくが、「またか・・・」などと鬱々とした気分を持て余し、天にまします人外なる存在に恨み言を並べてる横で、しかしさきこが楽しそうにしているのは相当に意外だった。いや、驚いたわ。
雨が降ってもちゃんとキャンプできていること、いやむしろ、雨に見舞われることによってキャンプの経験値がぐんと上がったことをさきこは喜んでいた。なるほど、そんな考え方もあるか。
たしかに、雨にもかかわらず、キャンプをするという当初の目的は成し遂げている。雨防止のテントカバーや防水処理が施してあるタープはちゃんと雨を弾いてくれてるし、テント内には雨水ばかりか湿気さえも侵入を防いでくれて非常に快適で、さきこがテントの天井にぶら下げたポータブル扇風機(これは実は会社で使うために購入したものらしいけど)が蒸し暑ささえも大幅に軽減してくれた。うん、たしかにちゃんとキャンプできてるじゃん。
こうしてぼくは、雨音がぴんと張ったテントの屋根に打ち付ける音を聞きながら、不快なハズなのになんだか嫌な気がしない不思議な感覚で眠りに落ちていったのである。

 

早く寝てしまったので、翌朝は早く目覚めてしまった。雨はかなり小降りになり、霧雨くらいにはなっていた。雨はやはり気持ちいいものではないな。
ぼくの気持ちがスッキリしないまま、さきこが起きてくる前にバーナーでお湯を沸かしてコーヒーを飲んだ。タープの下で雨宿りしながらコーヒーを飲むと、なんだか気持ちが和んだような気がした。さきこが起きてきたので、残ったコーヒーを分けてあげた。
さきこが家電量販店で安く仕入れてきたパン焼き機で食パンを焼き、バーナーで小型のフライパンを熱して目玉焼きを作ってくれた。いつも休日にさきこが作ってくれるメニューである。これがとても美味しかった。
朝食を食べ終わる頃には小雨もやんで、薄曇りながら明るくなってきた。
ゆるゆると片付けを始め、使い終わったものをクルマに積み込んだ。テントの上に残る雨滴を払うとすぐに乾き始めてくれた。昨夜降った雨の量を思うと、テントの防水機能はかなり秀逸である。キッチンペーパーで水気を拭き取ると、そのまま収納できてしまうほどだった。
あらかたの荷物をクルマに収納してしまうと、少し日が差してきた。ぼくのココロは既に晴れやかだった。さきこが言う通り、ぼくのキャンプの経験値は高まったような気がした。次はきっと晴れてくれる。そうしたら、たき火でもしながら満天の星空を仰ぎ見てワインでも飲むことにしよう。そんな日はきっと来てくれる。そうである、楽しみが少し先に延びただけなのである。
こうして、ぼくとさきこはたくさんのキャンプ道具を載せたクルマに乗り込んでキャンプ場を後にした。楽しいキャンプだったな。また近いうちにキャンプに来よう。

※出発の朝、キャリアーに荷物を載せていると、フクくんが乗り込んできた。

「ボクも行くー!」

 

※キャンプサイト。こんな感じで設営。

※夜はこんな感じでバーベキュー。

※雨が強くなってきた頃、テントサイトにアマガエルがやってきた。

その後、ネコも現れたな。

※ランタンのぼんやりした灯りの中で、コーヒーを飲む。

 

※朝食は焼いた食パンと目玉焼き。

※帰り際、雨が止んだところにアマガエルがやってきた。

| 日記 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0)
トムクルーズ。

かなり昔に観た映画「ファーム〜法律事務所」のワンシーンを思い出した。
主演のトムクルーズがロースクールで卒業を控えた優秀な学生を演じている。ある日彼のもとに大手の弁護士事務所からスカウトが現われ、熱烈な勧誘を受けて、彼はまだ司法試験に合格していないうちから、その優秀さを買われて就職することになる。この法律事務所の弁護士には、大きな個室が与えられ、破格の待遇である。貧乏で苦学生だった主人公は、自分に与えられた大きな部屋に驚き、とにかくまずは司法試験に合格することを目指して、この部屋で遅くまで勉強に励むのである。そこへ同じ事務所の弁護士が現われて、彼に声をかける。
「頑張って勉強して事務所の期待に応えてくれよ」みたいな激励の言葉だけど、その裏には優秀な彼への嫉妬もあってか、プレッシャーをかけるというかけん制みたいなニュアンスも感じられて、ちょっとピリッとくるシーンである。
鳴り物入りで就職した事務所期待の新人が、司法試験にぽろっと落ちるなど、とんだ恥さらしである。優秀であるとは言え、万に一つも失敗するわけにはいかない。主人公のプレッシャーは凄まじいものだったろう。
司法試験の後、どういうコネか、合否の結果を事前に知った先ほどの弁護士が主人公の部屋を訪れて、こう言うのだ。
「残念な知らせだ。今回の試験で、君はトップになれなかった。2位だったよ」
そんなわけで、彼は無事司法試験を合格し、晴れて正式にこの法律事務所の弁護士になれたというわけである。
ウロ覚えな部分もあるけど、だいたいこんな感じのシーンである。

 

さて、ぼくがこの映画を思い出したのは、とある試験を受けたからである。
しかも、映画の主人公と同様に、会社から取得を要請され、合格を期待された試験である。これがないと、会社はある事業を継続することが法律的にできなくなる。会社で同様の資格を持っている人は他にもいるとは言え、会社から取得を要請されている点では、先ほどのトムクルーズと同じである。さらに言えば、この試験はさほど難しくない。実務経験者なら事前に講習なんか受けなくても合格するし、試験問題のクセを読み解くくらい勘のいい人なら勉強しなくても受かるだろう。しかし、万に一つも不合格になれないぼくは、事前に講習を受け、前日にちょろっと勉強をして試験に臨んだ。
先日その結果が出た。
合格だった。ほっとする反面、その点数が気になった。3つの試験のうち、96点、84点、80点だった。5年ほど前に受験した時は94点、95点だったから、あまり芳しくない結果である。
「残念な知らせだ。前回よりも点数が悪い」なんて言われそうである。

 

ともかく良かったわ。これでまた5年ほどはこの資格を継続できる。
まあ実際のところ、この資格の重要性が分かっている人は社内にもあまりいなくて、ぼくが資格を保持していることが事業継続の鍵になってることも知られていないんだけどね。なんだかなーと思いつつ、そんなことを言ったら、衛生管理者も防火管理者もその他の諸々の資格も、ごく一部を除いてはその意味を分かってる人なんて社内にはいないのである。まあ、ぼくの仕事はそういう仕事である。ここで声高に主張することもないだろうと思っている。
そう、あのだだっ広くも薄暗い夜の法律事務所の部屋で、黙々と勉強を続けるトムクルーズにぼく自身を投影してほくそ笑んでいればいいのである。

| 日記 | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0)
ハワイより大阪。

今年は1972年にスタートしたホノルルマラソンが、通算45回を数える節目の大会なんだそうな。さらにぼくとさきこは1987年に交際を始めて30周年という節目の年でもある。だから今年はちょっと奮発して行きたいところに旅行に行こう!ということで、この機会にハワイに行ってホノルルマラソンを走ってこようかと思っていた。
金曜日に日本を発って、1日身体を休めたら本番のマラソンに参加し、その後1日ほど休んで帰国すると水曜日である。普段の仕事なら4日くらい休むことくらいはできるハズである。
しかし・・・。
ちょっと大きめのXデーが入ってしまったのだ。12月初めに大きめの工事が入って、ぼくがスケジュールを空けることができなくなってしまった。さらに、同じ12月初めに大阪でも先ほどと同じかそれ以上のボリュームのあるXデーが入ることになった。ちなみに先のXデーは東京である。つまり東京と大阪で同じ12月初めにXデーが入ってしまったことになる。これはイレギュラー、異常事態である。普段の仕事なら、いやXデーがひとつなら、あと4か月で何とかやりくりして身体を空けることも可能かもしれないけど、さすがに二つはキツい。東京と大阪で同時進行しないといけないから、ただでさえ「一人じゃ無理!」と訴えるべきところ、ぼくがしれっと4日も休んじゃったら、説得力ゼロである。これは身体が空く空かないの話しではなくて、ここはぼくが仕事に注力しないといけない局面なのである。
ちなみに、「Xデー」とか言ってるけど、1日だけ極端に大変という意味ではなく、数日から数週間ほども続く大きめの仕事なんで、「デー」というのは違うのだけど、ともかく「大変な仕事」という話しである。
そうであれば、当然ながらハワイなんて行っていられない。ここは中止するのが順当だろう。ホノルルマラソン45周年とか交際30周年とかそういう話しは一旦置いておいて、ここは仕事に専心するべきだろうな。まあこの手のXデーはぼくは嫌いじゃないしね。
それに実際、ハワイに行って走れたとして、きっと全然集中できないだろうしな。ハワイの美しい景色を前に、仕事のことが気になって、走りにも集中できないなんて意味がないからね。

 

この話しをさきこにすると、ちょっと残念そうだった。彼女もハワイを楽しみにしていてくれたようである。
とは言えどうしたものかなー、きっと1月頃には少し落ち着くんだけどなー・・・と思ったら、ハワイではなく別の旅行を考えてしまった。
たとえば、宮古島に行くなんてのはどうだろう。
前回はお袋さんと3人で、クルマをレンタルしてドライブ三昧な宮古島旅行だったけど、今度は自転車で周るのはどうだろうか。さきこが最初に宮古島に訪れ、ウルトラマラソンに参加した時も、道の景色を見ながら「次は絶対自転車で来てやるー!」と思ったそうである。さきこは三度目になってしまうけど、宮古島サイクリングもいいかもしれないね。折しも、前回訪れた以降に伊良部島に長い橋がかかって自転車で渡れるようになったみたいだしね。
この話しには、さきこも同意してくれた。惜しむらくは、ホノルルマラソンの節目を逃してしまうことと、交際30周年の年をまたいでしまうことかな。


仕事は落ち着いている・・・と思うけどね。ハワイを逃した分、宮古島は何としても実現したいものである。

ところで、12月初めに始まる大阪のXデーによって、秋から年末年始にかけて大阪に行く機会は増えると思う。今回はぜひ自転車を持ち込んで、休みを組み合わせてサイクリングを楽しんでやる。どこをどう走るのかなんて全然考えていないけど、出張と休暇を組み合わせてサイクリングするのがもはやぼくの定番になっているから、何度かある出張のうちで少なくとも1回は実施したいものである。
こうしてぼくはハワイへの思いを断って、大阪、そして宮古島に思いをはせるわけである。
さて、ぼくのダブルXデーはどうなるか。そして、宮古島サイクリングは実現するのだろうか。

| 日記 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0)
近況。

なかなかブログが更新できない日々である。ちょっと仕事的に忙しくなってきて、昼休みにパソコンをかちゃかちゃする暇がなくなっている昨今である。

 

梅雨が明けた。ついに夏の到来である・・・んだけど、気圧配置の方はぱっとしない。夏の特徴的な気圧配置である太平洋高気圧がなかなか発達してこない。東日本のはるか沖に高気圧はあるんだけど、これがなかなかこちらまで張り出してこないのだ。これがないと夏らしい晴天にならないので、夏らしさをイマイチ感じられない。しかも、この気圧配置は去年の夏とそっくりで、同じように天気が展開するとすると、太平洋上の台風が東日本や北海道を直撃したり、長い梅雨前線が温かい湿った空気に影響されて長く居座って雨を降らせたりなんてことが起こるかもしれない。2年続けて雨の夏は嫌だなあ。
今年は伊豆半島を一周するサイクリングに行こうと思っていて、今回こそは完全無欠の晴れの下でサイクリングしたいと思ってるんだけど、ちょっと不安が雨雲のようにもくもくと大きくなってきている感じである。
ちなみに、サイクリングはぼくが「晴れる」と確信した日に設定することにしていて、それまでは宿の手配なども保留している状態である。会社には8月上旬に休む旨言ってあるんだけど、こんな状況じゃサイクリングの予定を変更しないといけないかなぁ・・・。

 

ところで、サイクリングに2週間ほど先立って、さきことキャンプに行ってくる。ゴールデンウイークのデイキャンプですっかりキャンプにハマったぼくとさきこだけど、初めての泊りがけキャンプを前に、いろいろと準備に余念がない。ぼくは子供のころに何度かキャンプ体験があるのだけど、さきこは初めてのようである。そりゃ楽しみだろうなー。いいキャンプができるよう今から祈っている。夜の虫の音を聞きながらコーヒーなぞ飲む風景はもうすぐ実現する。

 

話しは変わってネコたちの話しである。
先日のブログでは、隣の家の庭を区切るフェンスにネコ除け用のトゲトゲを設置したところ、フクに易々と突破される悲哀を書いた。その後、別の場所でもトゲトゲを超えてフェンスをよじ登るフクを見ている。彼にとって、お腹をチクチクするトゲトゲなんて、ツボマッサージみたいに「痛気持ちいい」程度のことでしかないのかもしれない。
最近は顔つきがどんどん野性味を帯びてきて、体つきはほとんどヤマネコのような感じである。コウくんと比較すると明らかに体重に差があり、見た目の大きさからは想像がつかないほど重くなっている。食欲旺盛なフクなので、鉛の塊でも飲み込んだかと思うほどである。見た目は日本のイエネコのようで、実はヤマネコの遺伝子を何分の一か引き継いでるんじゃないか。
一方、コウくんは平和主義者で博愛主義者である。ちょっと自分勝手なところもあって、たまにフクに強気に出たりすることもあるけど、2匹がケンカせずに過ごせているのは、コウくんの人柄、・・・ネコ柄のおかげだろう。
そんな彼はいわゆるツンデレというか、フクほどぼくやさきこに甘えることはない。絶妙な距離を置いて、ちょこんと座ってたり寝転んでいたりする。撫でてーとか抱っこしてーなどと要求してくる性質ではない。
しかし一方で、ごくたまにとても甘えん坊になる時がある。
家に他に誰もいない時などである。ぼくの部屋に入ってきて投げ出した足の上にふわりと飛び乗ってちょこんと座る。寝転がってぼくの顔をじっと見つつ、喉をゴロゴロ鳴らすのだ。完全にデレている感じである。ぼくにとってはこれほど至福な瞬間はないけどね。
しかし、誰かが帰ってきたりすると、慌てて起きて、飛び降りてしまう。それまでのデレデレな態度が一変して、いつものコウくんに戻る。まるで、浮気現場を見られた男のような慌てぶりで、ニャウニャウとしきりに何かを訴えている様子は、「いや、これは違うんだ、誤解なんだ。いや浮気じゃないって、信じてくれよ」なんて弁解してるようにも見えたりして、ちょっと滑稽である。
そんなわけで、フクの脱走に気を配りつつ、コウくんとまったりできる瞬間に幸せを感じるこの頃である。

 

最近もっとも気になることは、絵なぞが描けないことである。
どれくらい描いていないかと言うと、6カ月以上、いや8か月になろうとしているかというところ。前作が1月に描かれたことを思うと、ホントにマズい状況である。
もともと寒い時期はどういうわけか絵なぞが描けないのだけど、とは言え冒頭に書いたとおり、季節は夏である。なぜ描けないままになっているのか、皆目見当もつかない。
ぼくはこのまま絵なぞを描けなくなってしまうのか。絵なぞを描くよりも優先すべき楽しみがあるとも思えないけど、ぼくの中で何かの優先順位が変わってしまったのだろうか。
4月から続けている食事制限の影響なのだろうか、ネコが自宅にいることによる弊害だろうか。コウくんに甘えられたら、もう身動きできなくなるもんな。いや、去年もネコがいる中で絵なぞを描いていたしな。
こればっかりは不可解で何だか焦りばかりが募る日々である。

 

そんなわけで、近況を書いてみた。
来週はキャンプのことが書けるかもな。晴れるといいな。

※お前が言うな。

| 日記 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0)
真夜中の爆走。

木曜日の夜11時、ぼくはクルマで首都高湾岸線を走っていた。スピードはかなり出ていた。ぼくはとても急いでいた。
いつもなら、自室でパソコンに向かってカチャカチャやったり、絵なぞの構想を練ったり、疲れてうたた寝したりしてる時間である。いや、ついさっきまでそうしていたのだ。ぼくが座るイスの傍らにはコウくんがいて、絶妙な距離感でデスクの上にチョコンと座ってぼくを見上げ、フクくんはぼくが和んでいる間、めぼしい食料はないかとキッチンやリビングをウロウロしていた。いつもの木曜日の深夜である。いや、いつもと違うことがひとつだけあった。
さきこがいないことである。

 

ぼくは深夜の湾岸線を走りながら、さきこのことを思い出していた。
さきこはこの日、会社のランニング仲間と一緒にレインボウブリッジの方にランニングに行っていた。暑い最中なので、いろいろ危なっかしいところもあったけど、一人じゃないしと安心していた。だからぼくもいつものように自室のパソコンに向かってカチャカチャやりつつ、そろそろツールドフランスの中継でも観るかなーとリラックスしていたのである。
そこにさきこから電話が入る。
「もしもし?」
こちらが問いかけるも返事がない。周囲の雑踏のような音が聞こえているので、どこか賑やかなところにいるのだろう。
「もしもーし?」
もう一度問いかけるも返事がない。なんだ?iPhoneの操作ミスで電話がかかっちゃったのかな?
その時、さきこの声が聞こえた。いつもよりも小さく弱々しい声である。
「ちょっと気分悪くて、倒れちゃった・・・」

 

なに?倒れた?
即座に熱中症だと思った。夜とは言え、こんな暑い日にランニングしたら、熱中症にもなる。どのくらい気分が悪いのか分からないけど、意識がしっかりしてるのでこの時は大したことはないように感じた。
「どうした?熱中症か?」
「・・・・・」
応答がない。先ほどから聴こえる雑踏の音だけが受話器から聴こえる。
「もしもしー!もしもーし!」
ぼくが問いかけるも返事がない。これはどういうことだろう。ちょっとドキドキしてきた。いや、待て、雑踏の中から人の声が聞こえる。「どうしました?」と声をかける女性らしき声、「お客さーん?聞こえますー?」と問いかける男性の声。雑踏の中から聞き覚えのあるチャイムの音が聞こえた。これは京急品川駅で電車が来るのを知らせるチャイムの音である。つまり、さきこは品川にいる。
「もしもーし!もしもーし!もしもーし!」
何度も問いかけるも返事はない。問いかけ続ければ先ほどの女性や男性が代わりに答えてくれるかもしれないと思い、かなり大きな声で問いかけ続けたが、電話はふいに途絶えてしまった。

 

これは一大事だ!
さきこは品川で倒れたのだ。熱中症の可能性が高いけど、まだ分からない。とにかく品川に行かねば。冷蔵庫から冷えたペットボトルの水を2本ほど取り出して、ビニール袋に入れ、適当な服に着替えて出かける準備をした。
ネコたちは先ほどまで和み切っていたぼくが突如慌ただしくなったので、「何事かッ?」と驚いたように廊下を駆け回っていた。
もう一度さきこに電話をする。何度かのコールでさきこが出てくれた。
聞くところによると、ランニングの後にビールを飲んだようである。どのくらい飲んだか分からないけど、水分不足のところに酒など飲むのは危険である。まさか急性アルコール中毒ではあるまいか。嫌な予感ばかりが思い起こされ、迎えに行くことを告げてぼくは家を出てクルマに乗って品川に向かった。
こうして、平日の深夜の首都高湾岸線を爆走することになるわけである。

 

深夜の上り車線はトラックが数台いるだけで、走っている車両はほとんどなかった。焦っていたので、スピードがどんどん速くなっていく。しかし一方で、ぼくが焦って事故でも起こしたりスピード違反で捕まったりしたら、余計に遅くなってしまう。安全運転しつつなるべく急いで走った。
それにしても、最近はなんだか嫌なことが多い。会社の同僚が急逝したのは先月下旬である。友達や会社の同僚にも家族にご不幸があった方が少なくない。今年は特に多いような気がした。ここでその中にぼくが加わるわけにはいかないのだ。
30分ほどで品川に着いた。JR品川駅前のロータリーにクルマを停めて、駅員室に行く。先ほど女性が倒れてこちらにいるハズだと言うと、プラットホームの駅員室に案内された。そこにはアコーディオンカーテンで仕切られた小部屋が2つ並んでいて、そのうち一つはアコーディオンカーテンが閉じていた。ここにさきこがいるそうである。
声をかけて恐る恐る開けると、さきこがタオルケットをかけられて横たわっていた。ぼくの問いかけに反応がある。おお、とりあえず生きていた!ぼくは大きく深呼吸して胸をなでおろした。

 

ランニング後の打ち上げで、喉が渇いたところでビールを飲んだんだそうな。それほどの量ではないそうだけど、それでも折からの疲労や寝不足などもあって、すぐに気分が悪くなっちゃったんだそうな。飲み屋からの帰り道でも一度倒れたそうである。同僚の方に介抱されて、なんとか京急品川からウイング号で帰ろうとしたところ、それを待つベンチで再び倒れたそうである。ぼくに電話をしている最中に突然ばたっといったそうで、それを女性が見つけて駅員さんを呼んでくれたそうである。声をかけてきた女性や男性がそうだったのか。
それにしても、ランニングの後で喉を潤すためにビールを飲むとは・・・。さきこも何年もランニングを続けてきて、経験でも頭でも分かっていただろうに、その場の雰囲気で結構な勢いでビールを飲んでしまったのだろうか。アルコールの分解にはATP(アデノシン三リン酸)と水が必要なのだ。もともと水分が欲しいところで、アルコール分解に水分を使われてしまい、脱水症状のような状態になったのだろう。

 

いやホント、無事でよかったわ。
帰宅後に徐々に回復してきて、翌朝には少し元気になっていたから、もう大丈夫だと思うけどね。真夏のランニングはホントに危険なのである。走る時は気を付けないとね。
それにしても、真夜中の首都高を爆走している時は心中穏やかではなかったな。あんなドキドキはあまり歓迎したくないよね。

 

ちなみに、さきこが休んでいた品川駅の駅員室内の小部屋は、アコーディオンカーテンで仕切られる以外にも特徴的な設えがあった。ベッドの枕元には、大きな洗面台がついていて、そこには蛇口ではなく、トイレの便器についているようなコックがついていた。嘔吐したものをそのまま流せるようにしているみたい。また強く引っ張ると呼び鈴が鳴るナースコールならぬ駅員コール的な器具もあって、まさに気分の悪くなったあまたの酔っ払いがこのベッドで休んだことが伺い知れた。昔からお世話になってる品川駅だけど、駅員室のドアの向こうにこんな設備があったなんてね。

| 日記 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0)
横浜のみらい。

最寄り駅から自宅に帰る道すがら、横浜市長の選挙の告示を見つけた。先日までは東京都議会議員の選挙でテレビが賑わっていたけど、横浜でも選挙のようである。現職の林氏は再選できるか注目である。
それにしても、先日の東京都議会議員選挙は地方議会の選挙だったのにかなりの盛り上がりだった。テレビでは開票状況をリアルタイムで伝える番組が組まれ、さながら国政選挙の様相だった。国政の方でいろいろ問題があり、その影響を非常に大きく出るだろうと予想されていたから、マスコミが盛り上がるのも分かるんだけどね。
ぼくのブログでは政治のことはあまり書かないのだけど、現都知事の小池氏が主導して立ち上げた新党がいきなり大躍進して、多数議席だった政党が歴史的大敗を喫するという展開については、ちょっと思ったことがあるので書いてみようと思う。

 

最近の選挙ではどうも特定の政党が圧勝する展開が多いような気がする。今回の都議会議員選挙でもそうだったし、その前の参議院議員選挙でもその前もそうだったように思う。そういえば某民主党が政権交代を果たした時も、民主党は圧勝し、与党だった自民党は大敗したのだった。そしてその次の衆院議員選では、逆に自民党の圧勝に終わった。
なぜ特定の政党が圧勝する展開が多いのだろうか。
これはいろんな政治研究者がいろいろ考えていることで、ぼくのような政治のシロウトが意見する余地はないのかもしれないけど、あえてぼくの考えを書いてみる。
これは飽くまでぼくの考えだけど、選挙の意味を勘違いしている人がどうも多いんじゃないかという気がしている。
選挙とは、言うまでもなく、各個人の持つ意見に近い政党や政治家に票を投じることである。間接民主制の基本原理である。とは言え、自分の所属する会社やら団体やらの指導で特定の政党を応援するようプレッシャーがかかることは旧来からあったようで、それって個人の意見ではなく組織の意見だろって話しだけど、それでも選挙の原理は自分の意思を政治に反映させる手段である原理に変わりはない。投票用紙は無記名だし、記入する際にも手元は極力見えないような配慮がされてるから、たとえ組織的な圧力があったとしても、選挙の原理に従って自分が思うように投票することは可能である。最近は労働組合なんかの力が弱くなってきてるそうだから、組織票もかなり限定されてきているんじゃないかな。
つまり自由に投票する機会はかなり保障されているわけである。それなのに、意見が一方的に流れるのは、選挙の意味を勘違いしているからなんじゃないだろうか。投票所に行き、投票用紙を受け取り、三方が囲まれた記入台でいざ政党や政治家の名前を書く際に、頭によぎるのは「自分の考えに近い政党や政治家の名前を書く」ではなく、「自分はどう書けば正しいのか」ということなんじゃないだろうか。つまり、「勝ちそうな政党・政治家に投票する」という考えである。
選挙前にテレビで散々放送していた選挙の動向を予想するワイドショウでも「どこの政党が勝つか」、今回の都議会議員選挙で言えば、「小池氏が代表を務める新進の政党は多数議席を獲得するだろうか」みたいな感じで盛んに言われ、投票する都民には何らかの形で精神的バイアスを受けていたんじゃないかと思うのだ。本来なら各政党の主張を分かりやすく伝えることで、各人が自分の考えに近い政党を探すこと手助けをすべきところ、新進の政党の名前ばかりを連呼して、まるで選挙カーから「〇〇党!〇〇党をよろしく!」と言ってるのと同じような効果を出しちゃってたんじゃないか。新党に投票すれば正解、自民党に投票すれば間違い、みたいなね。
それは、ほとんどクイズみたいなものである。間接民主制もへったくれもない、ワイドショウの単なる延長線上でしかない。
いや、ぼくもそんなアホなことあるかと思うけど、昨今の圧勝続きの選挙の数々を考えるに、どうしてもそういう可能性を考えてしまうのである。
投票する人も人間だから、自分が投票した政党や政治家が当選しないと、なんだか誤った判断をしたような錯覚に陥るんだろうな。当選しなかったことで、自分の考えは一般的な考えでないと感じ、つまり正しい選択をしなかったと感じる。だから選挙では周囲の状況を見つつ、正解を得るために勝ちそうな政党や政治家に投票する。もしそういう人がたくさん投票すれば、つまり今回の都議会議員選のように投票率が高ければ、「勝ちそう」程度に思われていた政党・政治家が予想以上に圧勝することになる。そしてそれを見て、「私は正しい判断をしたんだ」という安心感を得るのだろう。

 

いや、これは恐ろしい勘違いである。
選挙は自分にとって正しい選択をする機会であって、空気を読んで勝ちそうな選択肢を選ぶことではない。問われるべき「正しさ」とは、選挙の結果ではなく、投票時に自分の気持ちに正直かどうかである。自分の気持ちに正直に洗濯していれば、もしその選択が候補者の当選という形で実現しなくてもいいのである。あるいは、投票した政党の議席が増えないということになってもいいのである。それが選挙というものだと思う。
みんながそんな選挙の原理に従って選択すれば、特定の政党が圧勝することもないし、多くの考えがごちゃ混ぜになった議会ができあがり、多数派になった政党も他の政党の意見に配慮せざるを得なくなる。つまり、多数派以外の政党の意見も通りやすくなるのだ。それは結果として、自分の意見を政治に反映させることになるわけである。いや、こんなの中学生の公民ですらない。小学校の時に勉強してるような内容だと思うんだけどね。

 

テレビや新聞なんかではよく「政治が混乱する」と言われ、まるで多くの政党がやいのやいのやってるのが悪いことのように言われるけど、政治とはそもそも最初から混乱するものなのだ。何人もの政治家、いくつもの政党が自分の考えを主張し合って、協議し受け入れられるギリギリの選択肢を模索する。それが政治の本来あるべき姿なのだ。「混乱していない政治」なんて、逆に恐ろしい世界である。それはまさに独裁政治である。某国のように一人の独裁者が狂信的な側近に囲まれてニヤニヤしてる気味の悪い写真を思い出す。混乱してない政治とはああいう気味の悪い薄笑いの世界である。

 

国民の政治リテラシーが低いなんて話しをよく聞く。政治に対して興味がなく知識もないので、政治の話題についていけないし、だから政治に関して個人的な意見もない。まずは政治に興味を持ってもらうのが大事だなんて話しである。
でも、ぼくが書いてきたように、そもそも選挙の意味を勘違いしている人が多いのだとしたら、興味を持つ云々の前に誤った理解を正すことから始めないとダメだろう。それは地道で長い道のりで、それを思うとちょっとゲンナリしてしまう。本来ならテレビや新聞などのマスコミが啓発することで、誤った理解や誤解を正していけるんだと思うんだけど、彼らは彼らで別の原理やバイアスで政治を取り扱い、社会に展開しているから、実のところあまり役に立たないどころか、最近は害悪にすらなりつつあったりする。ネットの情報はもっと前から害悪の側面が強くなっているけどね。

 

ともかく、今後も選挙では特定の勢力が圧勝するような展開が続くように思う。
これがいつしか、少数勢力も着実に議席を分かち合い、政治の中で一定の発言力を持てるようになれば、そんな混乱した状態をあるべき姿として捉えることができるだろう。
さて、横浜市長選である。
掲示板にはまだ誰のポスターも貼っていない。誰が立候補して誰が勝つのか分からないけど、いずれにしても横浜の未来はその人にかかっている。

| 日記 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0)
無題、その後。

若くして突然死した同僚の通夜、告別式が先週末にあって、多くの人が参列し彼の死を悼んだ。心から彼のご冥福をお祈りしたいと思う。本当に残念である。

 

彼とは同じ大学で、学年では7年ほどぼくが先輩である。同じ学部、同じ学科とは言え、7年も離れているとまったく交流がないから、在学中の彼のことをぼくはまったく知らない。しかもぼくが在籍していた当時から、校舎の建て直しが始まっていたので、校舎に関する思い出もまったく共有することはできず、話しをしていてもなんだか同じ大学だという感じはしなかった。でも同じ法律を学んだ者として、時々いろんな話しをしたものである。
ぼくは性格的に誰とでもすぐに仲良くなれる性質ではないけど、これからゆっくり時間をかけて仲良くなって、もしかしたら仕事を超えて生涯の付き合いになるかもしれないとすら思っていたから、残念で悔しくて、そしてあまりにも大きな喪失感を持て余して、思わず涙がこぼれてしまった。彼が亡くなって一番悲しいのは、親族の方々であり、奥さんであり、お子さんであり、ぼくがここでワンワン泣くのはなんだか配慮のないような感じもしたのだけど、遺影を前にしてまだ人生半ばだった彼を思い、こみ上げる嗚咽を噛み殺して泣いた。本当に残念だ。

 

彼の死を悼む参列者は、長蛇の列になるほど多かった。
会社の関係者以外にも、前職の関係者をはじめ、大学のテニスサークルからの参列者も多いようだった。大学を卒業して十数年経つというのに、大学のサークルから弔問や弔電、生花が送られるのはスゴいな。祭壇に「〇〇学院大学〇〇テニスサークルOBOG一同」なんて立札が立っているのを物凄く羨ましく感じた。同じ大学だなんて言っておきながら、たとえばぼくが死んでも大学も大学のサークルも生花なんか送ってこないだろう。いや、もうほとんど完全に縁が切れてしまっているので、しょうがないことなんだけど、これはちょっと羨ましかったな。

 

ぼくはまだ彼の死を完全に受け入れられていない。
社内をテクテク歩いていると、いつものようにすれ違うんじゃないかとか、すれ違いざまにぼくが何かを言うと彼らしい毒舌でツッコんでくるんじゃないかと思っちゃう。そうか、もういないんだった・・・と思う時の気持ちが、なんだか不思議な感覚である。
それでも、ぼくが仕事でふと立ち止まって考え事をする時、ふいに彼のことを思い出すのだ。
「こういう仕事を彼ならどうやってやるんだろうな」
これは、ぼくにとって彼が確かにこの世を生きた証である。
彼ならどうするかな。
彼ならなんて言うかな。
そうである。彼はぼくの中で確かに生きている。

| 日記 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0)
嬉しい健康診断。

昨日は定期健康診断に行ってきた。ぼくの勤める会社では、健康診断は親会社の経営する病院に行くことになっていて、これがなかなかキレイな病院で、対応も親切なので、実は健康診断に行くのは苦痛じゃない。さらに胃カメラやバリウム検査は、ぼくはやらないことにしているので、健康診断自体は結構ぱぱぱっと終わったりする。健康診断が終われば、そのまま退社ってことにできるので、この季節では陽のあるうちに自宅でまったりできるわけである。そんなわけで、健康診断の日はちょっと嬉しかったりする。
さらに今年は例年になく楽しみだった。ぼくの体重がここのところずっと減少傾向だからである。これは4月から続けている食事制限と筋力トレーニングのおかげである。最近は毎朝、自分の体重を測っているので、健康診断の結果はある程度予想がついているけど、それでも公式に減量の記録が残るのは嬉しいものである。検査結果の判定が分かるのは数週間ほど先のことだろうけど、これが去年より良くなっていたらさらに嬉しいだろうな。

 

病院内はかなり空いていて、ぼくは待ち時間なしで健康診断のそれぞれの項目を受診することができた。体重測定の場では、予想通りなかなかいい数字が出てくれた。着衣の重量をあらかじめ差し引くため、自宅で測定した数字よりも若干軽い数字が表示されるのは別として、同じ条件で測定した去年の数字よりも8キロほど数字を下げていた。腹囲も大きく数字を下げていた。機器を操作して検査を担当する方には去年の数字が出ているのだろう、体重や腹囲の測定では「あら、かなり下がりましたねー」なんて言葉をいただいた。いや、分かっちゃいたけど嬉しいな。
さらに、腹部のエコー検査にも変化があった。今までの健康診断ではエコー検査はあっという間に終わっていた。ジェルを塗って検査機器を腹部に押し付けてしばらくグリグリやるんだけど、通り一遍というか、ちゃんとやっていないのがシロウト目にも分かるものだった。その理由はぼくの腹部の脂肪が多過ぎて、まったくエコーが効かず、つまり画像が見えないからなのだ。仰向けに寝転んで、腹部の上部、側部をちょろっとグリグリっとやると、もう終了になってしまう。なんかもう諦められてた感じである。
しかし、今回のエコー検査は違った。かなり綿密にグリグリやられた。腹部上部も側部も、グリグリやられた後に押し付けた状態でゆっくりスライドさせる。エコー画像を横移動させて見ている感じだった。さらに横向きに寝た状態にして、腹部側面をまたグリグリやられたのである。これは随分丁寧に見てくれるわ。やはり腹部の脂肪が取れたことで、映像が見えやすくなったんだろうな。いや、どうだろう、見えやすくなったことで、まさか今まで見えてなかった病巣がいくつも見えちゃったりしてるんじゃないだろうな。そう言えば、画像を見ながら担当者がキーボードを操作して、画面のキャプチャー画像を撮っているしな。あまりにも長く丁寧な検査に不安になったぼくは、「どうですか?見えますか?」と聞いてみた。
「えぇよく見えますよ!」
声が少し嬉しそうだった。病巣を見つけたというよりも、画像が見えるようになって嬉しいといった感じだったな。ちょっと安心。
その後の医者による問診でも、大きく体重を減らしたことに驚いているようだった。苦しい筋トレをやってきた甲斐があったな。

 

そんなわけで、今回は例年になく嬉しい健康診断になった。とは言え、減量はまだ道半ばである。これからさらに減量を続けて、できる限り標準体重に持っていきたい。さらに20キロほどの体重を減らす必要があって、その道のりはさらにさらに遠い道のりである。食事制限と筋力トレーニング、そして有酸素運動。これを来年まで続けられれば、来年は今年以上に嬉しい健康診断になるかもしれないな。

| 日記 | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0)
無題。

会社の同僚が亡くなった。
いろいろ思うことがあるので、悲しいことだけど書かなければいけないと思うのだけど、どう書いていいのか分からない。
この同僚とは長い付き合いだった。業務内容はそれぞれ違っていたけど、一時期は同じ部署でデスクを突き合わせて仕事をしたこともあったし、だから一緒に飲みに行ったりカラオケに行ったりしたこともあった。年齢はぼくの方が9歳ほど年上だったけど、同じ大学で同じ法学部法律学科だったこともあって、飲み屋で法律の話しをしたり、法律にかかわる仕事上の話しをしたことも何度もあった。スポーツマンで背が高く、社内からも信頼が厚かった。職場ではぼくがボケで彼がツッコミみたいな感じだった。彼といると楽しかった。そんな彼が亡くなった。
死因は突然死、心筋梗塞の類だそうである。あまりにも突然過ぎて全然実感がわかない。涙も出てこない。ぼくの仕事上、こういう時には社内でいろいろ立ち回ったりするのだけど、それでかなりバタバタ過ぎて考えるヒマがないのかもしれない。いや、それ以前にこの事実があまりにも唐突過ぎて、ちょっと長めの休暇で席を空けているだけじゃないかと思うくらいである。ほら、会社でもたまにメンタルを病んじゃって仕事をそのままにして休んじゃったりするヤツがいるけど、そんな感じにしか思えないのだ。いつか病み上がって、会社に復帰してまた一緒に飲みに行けるだろうなんて思っている。つまり彼の死をまったく受け入れられていないのだ。今こうしてパソコンをカチャカチャしてる時だってそうである。自分に身近に起こったデキゴトという感覚がないのだ。
以前のブログにも書いたけど、ぼくは幸いというべきか、人の死に近くない人生を歩んできた。親族はみな元気だから、葬儀に参列したのはほんの数えるくらいしかない。人はいつか死んでいくのだということがイマイチ理解できていないのだ。
だから、彼が死んだことが分からないのだろう。こういう時の思考回路が確立されていないのだ。
それでも思うのは残された家族である。彼には奥さんがいて、幼い子供がいる。朝起きてこないパパがなぜか息をしていないことに気付いた奥さんの心境を思うと胸が痛い。ぼくに何かしてあげられることはあるだろうか。
病理解剖の関係で、葬儀は週末になりそうである。葬儀関係でぼく自身がバタバタするので、感慨を得るのはまだ先のことだろう。これからどういう心境になっていくのか分からないけど、ぼくの人生で大きなデキゴトのひとつとして、取り急ぎこのことをブログに書いておこうと思う。
彼の安らかなるご冥福を心から祈るばかりである。

| 日記 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0)
福岡・下関・萩旅行。

先週末は、高校時代の同級生たちと福岡から山口を巡る二泊三日の旅に行ってきた。天気にも恵まれてとても楽しい3日間だった。
太宰府、門司港、下関、角島、萩、秋吉台と数々の名所をクルマで巡った。3日間クルマを運転しっぱなしで疲れたけど、車中の会話も楽しくて、あっという間に時間が過ぎていった。ホテルもなかなか良くて、下関のホテルでは関門海峡を臨むバルコニーから海峡を行き交う船を眺めたりできたし、萩の旅館では砂浜に隣接した露天風呂で、打ち寄せる波の音を遠くに聴きながらゆっくり風呂に浸かったりできた。天気が良かったので、行く先々で見晴らしも良くて、2日目には角島大橋、3日目には秋吉台で、絵ハガキにしてもおかしくないほどの景色を目の当たりにすることができた。最近はランニングやサイクリングのイベントの都合上、結果として旅みたいになることが多くて、単純に旅を目的にする旅がなかったため、非常に新鮮な感じだった。こういうのもいいよなー。
ちなみに、福岡の太宰府や海の中道は既にサイクリングしたことのある道で、その後の門司港や下関は坂が多くてサイクリングにあまり適していないエリアだったり(知らないだけかもだけど)、萩は路地のその風情が見どころなので、そもそもサイクリングに適していない(知らないだけかもだけど)など、「サイクリングでは絶対に行かないだろう」と思われる場所のチョイスでもあったんだけど、3日目に訪れた秋吉台では広大なカルスト台地の景色がとても新鮮で素晴らしく、「こんな道をサイクリングしたい!」という強い衝動に駆られてしまった。実際何人かのサイクリストとすれ違ったけど、まるでツールド・フランスの山岳コースを走ってるような感じでとても羨ましかった。ここはぼくの中にある「いつかサイクリングしたい場所」のひとつに加わった。日本にはまだぼくの知らない風光明媚な風景がたくさんあるに違いない。
これほど楽しい旅だったのに残念でならないのは、まりこさんが家族のご不幸があって直前になって参加できなくなったことである。最近は家族のことも含めていろいろ苦労されているのが鈍感なぼくでも感じられていたので、一時的でもリラックスできる機会になればいいなーと思っていただけに、非常に残念である。忙しいのにおススメの店を探してくれたりして、陰ながらこの旅を支えてくれた。とても感謝している。
ぼく個人としては、疲れはしたけど、いいトリップ感を得られて、楽しいヒトトキだった。次にこういう旅に行くのはいつだろうなー、また行きたいなーなんて思うのだった。

※下関のホテルから見た朝の風景。行き交う船を見ているだけで和むわ。

※2日目に訪れた角島大橋。パンフレットみたいな景色を目の当たり。

※萩の海岸で見た水平線に沈む夕陽。

※いつか自転車で走りたい秋吉台の景色。ジブリアニメ「もののけ姫」を思い出すわ。

 

※「旅の恥はかき捨て」の悪いオトナの図。

| 日記 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0)
夢想の地平面
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
アクセス解析
 

現在の閲覧者数:
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE