オクターブアップ!

「シュンスケニウムの原子量」の大統一バージョン
<< 3.11。 | main | 思い出の維持管理。 >>
週末ヒキコモリ。
さきこは先週末は名古屋で開催された「名古屋ウイメンズマラソン」に参加してきた。
この前の週は、しゅんすけも参加した三浦マラソンに参加していたわけで、この三浦マラソンの時にも書いたけど、しゅんすけもさきこも直前に体調不良になってしまい、病み上がりだけでなく、ちゃんとした練習もできなくて本番に臨んでしまったわけで、つまりその次の週である先週末も同様に、病み上がり・練習不足という大きなハンデを背負うことになってしまったのだ。実はこれに加えて、三浦マラソンの際にさきこのランニングシューズが壊れてしまった。急遽新品を買ったんだけど、だから一度も走ったことのない不慣れなランニングシューズで本番を42キロも走ることになってしまったのである。
さすがのさきこもかなり不安を抱えつつ家を出ていった。
大丈夫かな、心配である。しかし、しゅんすけは2日間の留守番である。
その後さきこはそれなりに盛り上がった参加者のためのエキスポに行って、ランニンググッズを買ったり、一緒に行ったランニング仲間と楽しく過ごしたようである。
そして当日、前の晩に腹痛が酷くなったりして、フルマラソンを走るには過酷すぎるコンディションの中、気持ちも高ぶらないまま、ランニングがスタートした。いや、もう大変だったようである。ランニングコースはほとんどが市街地らしく、真っ直ぐ走っては折り返して来た道を真っ直ぐ戻り、交差点を折れるとまた真っ直ぐ走って折り返し・・・とこんな調子で単調なコースが続くものだから、走り始めて間もなく飽きてきちゃったみたいである。しゅんすけは単調なコースでも結構大丈夫なんだけど、例えば湘南国際マラソンのように防砂林を右手に見てずーっと走り続けることに大きな抵抗感はないんだけど、さきこはこういうコースが苦手なのである。加えて言うと、さきこがフルマラソンを走る際にはたいていしゅんすけがクルマで同行し、事前にコースをクルマで流すなどして、コースの状況を事前把握するようにしていたんだけど、今回はしゅんすけが同行しなかったために、見たこともないコースを不安なまま走り続けなければならないことになったのも精神的にキツかったようである。単調な一直線の道が一体どこまで続くのかと、かなり不安だったんだろう。
そういうわけで、満身創痍なさきこはコースにも苦しめられ、もはやランニングを楽しむとかそういう境地ではなく、まさに苦行を乗り越えるごとく42キロを走り切ったそうだ。時間にして6時間弱。さきこの経験では最悪のタイムだったそうな。
新横浜まで迎えに行って、さきこと帰ってきたんだけど、もう歩くのも大変な状態だった。こんなに酷いさきこを見たのは、ホノルルで初めてフルマラソンを走った時以来である。でも、このイベントの完走者全員にもらえるという某ティファニー製のネックレスやフィニッシャーズTシャツを貰って帰ってきて、その点では満足そうだったけどね。
さきこの次の大きな挑戦は、6月に開催されるしまなみ海道を走破するウルトラマラソン100キロである。しかし、今回のような状況ではちょっと難しいような気もしてくる。これからもずっと走っていられることが人生にとって大事なことなのだとすれば、ここは勇気をもって撤退することもぜひ視野に入れて欲しいものである。

さて、そんな壮絶ランニングをさきこが遠い名古屋で繰り広げている時、しゅんすけは自宅で悠々自適な生活を満喫していた。・・・と言っても、天気もすぐれないので、どこかに出かけることもなく、ただ自室で絵なぞ描きに勤しんでいた。誰にも気兼ねなく自分の好きなことをずっと続けられることこそ最高の贅沢である。特にしゅんすけの座っている某アーロンチェアは、どんなに長いこと座っていても腰とかお尻とか全然痛くならないもので、たぶん10時間以上を座りっぱなしで過ごしたと思う。おかげでそれなりにいい絵なぞを書くことができた。でもほとんど自室に引きこもって過ごしていたので、さらに一段と太ってしまった。冬の間ちょっとだけ下降したしゅんすけの体重は、この悠々自適生活の中で見事にリバウンドした。なんだかな・・・というわけで、次のランニングイベントまでにはそれなりに準備しておきたいものである。次は4月の横浜ロードレース、そして山中湖、西湖と続く夏前のランニングシーズンなのである。
| 日記 | 14:44 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
ブ ラ ン ド の 専 売 店  激 安 !信 用 第 一、良 い 品 質 、低 価 格 は 私 達 の 勝 ち 残り の切 札で す。 01 1 年 人 気 の 商 品 を超 えて 、当 店が 売 買 する 中. す べ ての商 品 は すべ て新 しく着きます.すべ ての商 品の品 質 が すべて検 査 す る の 合 格です.みんなを歓 迎して選 り取りで買います .当 店 の 誠 実 と信 用 取 引 し て、品 質 は 至 上で す .みん な に 安 心 し て 買っ て も ら ま す .み ん な の 当 店 に 対 す る 信 頼 と支 持 に 感 謝し ま す. 取 扱 商 品 : ル イ ヴ ィ ト ン 、 シ ャ ネ ル 、 グ チ 、コ ー 、ロ レ ック ス、 プ ラ ダ、 デ ィ オ ー ル 、ブ ル ガ リ 財 布 腕 時 計 、 そ の 他 小 物 等

http://nASsy.KyODoSs.cOm
¥
| 野上智加 | 2012/03/13 2:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://octaveup.jugem.jp/trackback/1796
トラックバック
夢想の地平面
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
アクセス解析
 

現在の閲覧者数:
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE