オクターブアップ!

「シュンスケニウムの原子量」の大統一バージョン
<< 休日出勤哀歌。 | main | 彼の思いとは。 >>
休日出勤回避。

先日書いた休日出勤の件、たまたまランニングイベントと被ってしまったために断腸の思いで休日出勤することにした件だけど、結果的には別の社員が対応することで決着し、ぼくは予定通りランニングイベントに参加できることになった。
もともとこの仕事は「余人をもって替え難い」といった類のものではなく、ぼくと同じ部署の人なら誰でも対応できるものなのである。だから「ちょっと休日出勤、お願い」と言えば済む話しなのかもしれないのだけど、それができなかった大きな理由は、もし何か大きな事故が発生した場合に、代理出勤者で対応できるかという点が悩ましかったからである。
何も起こらなければ大した仕事ではない。いや、その場にいるだけでOKみたいな仕事で、ネコでもできる仕事、いやネコにこそ相応しいと言っていい仕事である。しかし、もし何かの事情で大きな事故が発生すれば、現場でその対応を迫られるわけである。それはネコはもとより、同じ部署の人でも無理かもしれない。そう思って断腸な思いで休日出勤することにしたわけである。
しかし、よくよく考えてみると、大きな事故ってなんだろう。そんな事態が発生するものだろうか。いや、もし発生したとして、そこにぼくがいたところで対処できるものだろうか。

 

この仕事は実は、この春からぼくに引き継がれた新しい仕事である。前任者が退職することになり、その前任者のさらに前任者であるぼくに担当が回ってきたわけである。そして、この時期に定期的に行われる仕事のために休日出勤することも同時に引き継いだわけである。ぼくはこの仕事を担当するのは5、6年振りということになるだろうか。
問題は事故が起こる可能性の大きさである。
ぼくが担当していた頃は、事故の可能性は大きくなかった。設備が新しかったこともあり、専門業者に任せていれば、ホントに何もしないでいられた。しかし既にその頃から設備の老朽化は始まっていた。ぼくはいろいろ資料を集めて、設備を入れ直す方向で検討を進めていたのだ。例えると、ウインドウズXPが老朽化して、そのうちマイクロソフト社がサポートを打ち切るのと同じような流れである。XPのサポートが効くうちにWin8とかWin10に替えておけばいいのだけど、ぼくから引き継いだ前任者はそのまま使い続けたわけである。つまりXPのままバージョンアップせずに、ぼくが再び担当になるまで5、6年もの間、半ば放置していたわけである。XPの例でもそうだけど、あまりの長く旧バージョンを使い続けていると、そのうちサポートが終了してしまう。故障しやすくなるし、ウイルスに感染しやすくなるし、故障してもXPをそのまま復活させることはできない。つまり何か問題が起これば、もはやXPは使えなくなるのだ。今回で言えば、何か大きな事故が発生したことで、その設備は最悪の場合、使えない状態になってしまう。その時になって「もっと早く新しい設備にしておけば」と後悔しても後の祭りである。
ぼくは設備をリプレイスすることを強く言い添えて担当を外れたのに、5、6年振りに戻ってみたら現状設備がまだ稼働していたわけである。いや、パソコン程度なら、騙しだまし使うこともできるかもしれないけど、会社の設備である。不具合が起これば影響は全社に、いや取引先も含めるとかなり甚大な影響が出ることになる。こんな状態でよく放置して、夜が眠れたものである。ぼくは臆病なので、これほどヤバいものを放置してたら夜も眠れないわ。

 

そんな事情もあって、どうなるか分からない設備を監視するべく、休日出勤をすることにしたんだけど、とは言え、もし設備に何らかの大きな不具合が起こった場合、ぼくがその場にいても何もできないということである。
起こってしまったものをぼくの何らかのスキルで食い止めることはできない。発生したものは、発生したものとして、そこから対応策を考えないといけないのだ。XPの例で言えば、もはや動かなくなったXPを前に、Win8や10、またはもう一度XPをインストールし直すなど、既存状態から不可逆的に対処しないといけないのである。もう従前のXPは戻ってこないのだ。
事故を前にどうすることもできないのであれば、ぼくでなく、他人に任せても問題ないだろう。当然ながらリスクの想定とその初動対応は考えておくとしても、結局のところ、事故の前では誰だって無力なのだ。

 

そんなわけで、候補者を募ったところ、同じ職場の人が手を挙げてくれた。ありがたいことである。
キチンと引き継ぎをして、当日は対応していただくことにしよう。まあ先に書いた通り、何も起こらなければネコでもできる仕事なんだからね。
そして、ぼくはランニングイベントに参加できる。いや、ウレシイわ。ぼくは最近走ることに気持ちが低調なのだけど、さきこが走れる機会を得られるのがウレシイのだ。ぼくも頑張るけどね。
5月中旬は、鳥取に出張し、これにカコつけてサイクリングなんかもしつつ、帰ってきてランニングイベントに参加する。楽しみだけど、なかなか忙しい週末になりそうである。
願わくば何も問題が起こらないことを願うばかりである。

| 日記 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://octaveup.jugem.jp/trackback/2359
トラックバック
夢想の地平面
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
アクセス解析
 

現在の閲覧者数:
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE