オクターブアップ!

「シュンスケニウムの原子量」の大統一バージョン
<< プレミアムな日。 | main | ネコタワー、3rdフェーズ。 >>
ライフログ・シンドローム、再び。

去年1月頃に書いたブログで、当時使っていたライフログの機器・フューエルバンドが歩数などの正確なカウントに疑義が生じて、かなり使い込んでいたこともあって、新しいライフロガーを買うことを書き、その後ぼくはガーミン社製のvivosmartを購入したのだけど、あれから1年とちょっとで、早くも新しいライフロガーを購入してしまった。
今回購入したのは、fitbitという機器である。実は数か月前にさきこがライフロガーを着け始めたのだけど、これが製品は違うけど同じfitbitシリーズである。さきこの機器は機器自体に歩数などの表示ができないのだけど、今回ぼくが購入したのは、表示画面のついたものである。いちいちスマホを取り出さなくても時刻や歩数が表示されるのである。

 

今回のfitbitを買い替えることになった経緯だけど、発端はもう数か月前に遡る。この機器は本体を2回タップすると歩数や時刻を表示してくれるのだけど、この表示の範囲がだんだん狭くなってきたのだ。液晶画面の上下が狭まって、辛うじて数字が読めるレベルまでは我慢してきたのだけど、ついにはどんなに凝視しても数字が読めなくなり、メール到着の通知なんかも全然分からない状態になってしまったのだ。この不具合は、他のユーザーがネットで報告していて、メーカーに送れば直してくれるとかなんとか書いてあったけど、最近この不具合とは別にバンドを留める部分にも不具合が出てきて、つまり表示を直したとしても、他にもいろいろ問題が残ることになってしまったのである。
送料も含め安からざる修理費を払って修理するよりも、同じくらいの金額を出して、新しいライフロガーを購入しようということになったのだ。さきこに大感謝!

 

まだ使い始めたばかりで細かい設定もできていないし、どういう場合にどういう数値になるのかが分からないけど、fitbitのいい点としては、手首に巻くバンドが自由に替えられることである。
バンドと本体は取り外しが可能なので、好きな色、好きな形のバンドに替えることができる。別売りのバンドはなかなかオシャレな感じで、これは女性にもウケるなーと思った。
それにランニングやサイクリングでどういう動きをするかが楽しみである。初代のフューエルバンドでは、自転車に乗っていてもそれを検知して、歩数換算してくれた。自転車ばかりに乗ってランニングをしない夏場は、これで運動した履歴が残せたわけである。一方、vivo〜の方は自転車に乗っている時の検知はまったくなかった。いや、乗る前にサイクリングモードに変更しておけばサイクリングとしての履歴を残してくれるハズではあったんだけど、それもなんだか面倒だし、そもそも走ったり止まったり、海辺でまったりしたりするぼくのサイクリングは、あらかじめモード設定するほどちゃんとしたサイクリングではないのである。だから何も設定しないままに自転車に乗っていると、運動を促進する自動アラートが鳴ってしまい、「さぁ、運動しよう!」なんて表示されちゃったりするのだ。運動してる最中に運動を勧めてくるのだ。去年の北海道サイクリングでは豪雨に打たれながらどろどろになって難十キロもサイクリングしているところで、「さぁ、運動しよう!」なんて表示されるので、テンションが下がったものである。
今回のfitbitはどういう動きをするのか楽しみだな。

 

それにしても、2年に満たないところで機器のリプレイスが起こるとは意外だった。こういう機器は需要は高いけど、メーカーによって性能にバラつきがあって、動作が充分担保できていないものも多いんだよね。品質に関する統一的な流れができて、どのメーカーを使っても、キチンと歩数をカウントし、壊れにくく、運動してる最中に「さぁ、運動しよう!」などと気の抜けるようなメッセージを表示しないようにしてほしいものである。
そんなわけで、ぼくのライフログ・ライフは当分続くのである。

  

※左からフューエルバンド、vivosmart、fitbit。

| 日記 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://octaveup.jugem.jp/trackback/2362
トラックバック
夢想の地平面
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
アクセス解析
 

現在の閲覧者数:
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE