オクターブアップ!

「シュンスケニウムの原子量」の大統一バージョン
<< それが答えだ。 | main | 週末は。 >>
寝ても覚めても。

いよいよ来週水曜日から伊豆半島一周サイクリングである。晴れるのか、雨なのか、寝ても覚めてもそのことばかり、ぼくの思考の8割はもうそのことばかりである。
もっとも気になるのが、台風5号の動向である。現在、南大東島辺りにあって、沖縄に向けて西に進んでいる。これがどこで偏西風に掴まるか。その後に東進する速度はいかほどか。これが最大のポイントである。ちなみに、某ウェ〇ーニ〇ーズの週間予報だと、台風5号は九州を縦断して日本海に抜けていくコースになるそうで、ぼくが出発する9日に朝には秋田県沖の日本海にあることになる。もし本当にそういうコースを取るのならサイクリングに問題はない。しかし予報円の内側を通ったり、速度が思ったほど速まらないようだと、他の気圧配置と影響して雨が降る可能性が高くなる。

 

今回は去年のように台風でもサイクリングを強行することはせず、雨なら潔く中止である。宿のキャンセル料がかかっちゃうだろうけど、無理して強行してもさきこに余計な心配をさせるだけなので、ここはおカネを払って安全を取ることにする。
そして、もしそうなったとすると、俄然現実味を帯びてくるのが、テント泊による野宿サイクリングである。
街でたまに見かけるそういう人たちの世界に、つま先とは言え入ることになるとは、今でも信じがたい。キャンプを経て、経験値が高まったというか、なんだか吹っ切れちゃった感じでもある。

 

一人でテント泊するとなると、自宅にある4人用のテントでは大きすぎる。1,2人用のテントを新たに購入するしかない。軽量で収納がコンパクトになるものがいいなーなんて思っている。
また、テントや寝袋を運ぶためのキャリアも必要である。前回のブログで、某社のトレーラーを購入しちゃおうかと迷っていたけど、その後いろいろ確認する中で、ロードバイクに装着するのはちょっと難しいとの結論に至り、今は別の商品がないか検索中である。前回のブログに掲載したトレーラーのように自転車のリアホイールの車軸に装着する形のものもあれば、サドルチューブに取り付けて牽引するタイプもあり、どれがいいか検討中である。
テントとキャリアで相当値が張る買い物になるけど、晴れの日にサイクリングできることも思えば、これもあり得べき手段のひとつじゃないかと思っている。

 

台風の動向とテントやキャリアへの物欲。ぼくは今、この二律背反的な選択の中で揺れている。もういっそ、野宿サイクリングの方に降り切っちゃってもいいかなとも思っている。晴れの日にサイクリングできることの方が重要である。
そんな風に選択肢の幅を広げたからだろうか。天気予報の様相が少し変わってきたのだ。
当初の天気は曇り、降水確率50%だったのだけど、これが曇りのち晴れに変わり、降水確率も30%ほどに下がったのである。ぼくが野宿サイクリングの方に気持ちを少しシフトさせて、晴れへの渇望を幾分か減少させたからだろうか。もしそうだとすると、あまりに作為的過ぎる。ホント、天にまします人外の存在には困ったものである。
これからも、天気予報の動向を気にしつつ、一方で野宿サイクリングの計画も着々と進めていこうと思う。どちらにするか、この選択はきっと直前までズレ込むんだろうな。

| 自転車日記 | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://octaveup.jugem.jp/trackback/2396
トラックバック
夢想の地平面
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
アクセス解析
 

現在の閲覧者数:
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE